スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

治療方法

2012/05/30 Wed 20:00

今後の蓮さんの治療方法・・・

完治するわけでもなく、良くなるわけでもない

どうして行くのか、まだ結論が出ていません。
大学病院で検査を受け、デキモノが見つかった蓮さん。
先生は限りなく血管肉腫の可能性が高いと・・・
そうなった場合の治療について話してくれた。

いくつかの内容は今までホームドクターとして診ていただいていた
先生から聞いていたので私としてはやっぱりそれしかないのか・・・っていうのが
率直な気持ちでした。


まず、心タンポナーデを起こした際に心臓を圧迫し心不全になるのを防ぐために
心臓を覆っている心膜を切除する方法があるとのこと。
心膜を切除することによって、万が一心タンポナーデを起こした際に
心のう水又は血液を胸に流すことにより、心不全で亡くなることを防ぐことが出来る。
もちろん胸にたまった胸水を抜かなくてはいけない。
ただ、頻繁に心タンポを起す子は胸に針を刺したままで
そこから飼い主が抜く処置をする必要もある場合があるようです。

次に、心臓にあるのが本当に腫瘍なのか判断するために
胸を開き、組織をとって判断する。
その後は定期的に検査とデキモノを見ながら抗がん剤を投与していく方法もある。

また、デキモノが腫瘍だった場合、心臓にできているので
切除するのは難しく、もし切除するなら人工心肺を使っての手術になるので
相当の技術と経験が必要であり、かなりの危険も伴うため
術中の死も覚悟しなくてはいけないとのこと。

上記が外科的処置をしながら戦っていく方法です。

外科的療法を選ばなければ、このまま定期的にエコー検査を行い
経過観察を続けていく。
もちろん常に心タンポナーデの危険はあります。
ただ、蓮の体を傷つけることはないので、心タンポを起さなかったり
心臓にあるデキモノが悪さをしなければ、蓮はこのまま普通に生活が出来ます。


昨日も書きましたが、私の願いは蓮の犬生が例え短くなったとしても
楽しく穏やかに、最後は安らかにお空へ出かけてほしいのです。
そのためには何がいいのか・・・

外科的療法は蓮の体力を奪い、苦しいことが多いかも知れません。
でももしかしたらいい結果を生むかも知れません。

病との共存で経過観察は、しばらくは蓮にとっては穏やかな日々だと思います。
でも、心臓にデキモノがあるのは事実なのでそれが大きくなった場合
蓮の心臓を圧迫しはしないだろうか、苦しくならないだろうかといった心配もありますし
心タンポナーデを起したとき、手遅れになったら・・・

共に完治する治療法ではないし、どちらも良い部分悪い部分があります。

来週再度エコー検査し、デキモノの大きさの変化と、血液の漏れが増えているのかを
確認し、そこで先生と話、また家にもどり考えたいと思います。

蓮さん、今日もいつもの蓮さんです。
朝晩しっかりご飯も食べて、番犬はするわ、ソラ兄ちゃんに遊びをしかけるわ
こちらがハラハラします。
こういった元気な姿を見せてくれると落ち込んでられませんね。
もっともっと楽しいことをさせてあげたいですね。

明日もソラ蓮元気におはようの挨拶ができますように。
一日無事に過ごせますように。

2012052912050000.jpg
大学病院の待合室での蓮さん。
ママより落ち着いてました(苦笑)
未分類 | コメント(10) | トラックバック(1)
コメント
ショックです
おはようございます。言葉がでなくて ブログ に書き込みできませんでした。蓮ちゃんの愛くるしい目が
頭から離れず 元気な蓮ちゃんが・・・・思うとショックです。
また蓮ちゃんをハグしたので お会いしたいです

何も言えない悲しい出来事です。
ママの事、尊敬します・・・1人でよくガンバりましたね。 胸の内・・・理解できます。
涙が出ます・・・重なります。
今、いいお顔が見れてる蓮さんがいますよ。
心配しすぎて、ママのお顔が曇ってませんか?
いつもの家族でねがいま~~~す。ってとこ。
浩ちゃんさんへ
浩ちゃんさん、検査の日は直接病院まで
かけつけてくださって本当にありがとうございました。
少しでもお話できる方がいて心強かったです。
蓮の結果は覚悟してはいたものの
わずかな期待にかけていた部分もありましたので
やはり辛かったです。

でも今蓮は頑張っています。
私も前向きに頑張らないとと思っています。
ノア子さんへ
ノア子さん、覚悟はしていたものの
非常に辛い結果となりました。

一人で検査結果を聞いて受け止められるかと
思いましたが、自分なりに冷静に受け止められたと思います。

今は地元で一人で2熊さんの面倒を見ているので
不安なことが多いですが、この先も
蓮さん、もちろんソラさんも笑っていられるよう
強い母でいたいと思うけど・・・
頑張れるでしょうか・・・
いえ、頑張らねば!
また笑顔をお届けします。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
全然気づいてませんでした。ごめんね。
毎日びくびくしながら…って本当によくわかります。
一度、死が迫ってくる恐怖を味わうと、本当に怖いですよね。

だけど、蓮くん、相変わらず良い顔してますね。
犬はいつも前向きで生きてるんだなあ…って改めて感じました。

良い道が見えてくることを祈っています。
daisukeさんへ
daisukeさん、いつ来るかわからない死・・・
それもそんなに遠くない日とわかっている分
本当に怖いです。

でも、まだ蓮は本当に今までと変わりない
甘ったれの末っ子で食欲も元気もあります。
前向き・・・そうですよね。
一生懸命生きてますよね。
私も奇跡を信じて頑張ります。
蓮君が・・・!!

ソラ君ママさん、ゴメン、私も気が付いてなくて・・・d氏に言われて慌てて拝見。
最初は記事を遡ろうと思ったんだけど、この記事を読んだらもう頭が回らなくなっちゃって、ダメだ、最初から順番に読まないと、って5月の蓮君が倒れたとの記事から全部読み直しました。

・・・読み直して私が状況理解できたからといって、事態は何も変わらないのに・・・(涙)

でも、ソラ君ママさんの気持ちに寄り添うことはできるかも、と。
不安だよね。怖いよね。
なのに、気丈にソラ蓮ずの笑顔を守ってるママさんに脱帽だよ。

ねぇ、蓮君はママさんの子だったから、あの時病に気が付いてもらえた。それは絶対に間違いない。
私だったら一度の診察で不安を感じつつも「様子見・・・」して取り返しのつかないことになってしまったかもしれない。
ソラ君ママさんの強さゆえに、愛ゆえに、病に気がつけたんだよ。
だからきっと、これからも戦ってゆける。
戦い方は様々なんだね。ママさんやパパさん、蓮君、ソラ君と一番良い戦い方を貫いて。
・・・もう、どんな戦い方をするのかは決めているような気はするけれど。
ソラ君ママさんが決めた戦い方なら、間違いないよ。私はそう思う。
心から応援してる。
めいさんへ
めいさん、タイミングよくパソコン開いてました。
めいさん、気づかなかったことを謝らないでください。
私もお友達に伝えるべきなのか、どう説明するべきなのか・・・と悩んでいたので・・・

私が蓮を2度も病院へ連れて行ったのは
やっぱりめいさんを始め、わが子が倒れた際の
処置、病院の対応、治療などの様子をブログに書いててくれて、それを目にしていたので
色々と蓮の実家に電話をし、様子を聞いてみたり
夜間救急へ行くことが出来ました。
私も何も気にしてなければ、一晩様子を・・・と
思ったかも知れません。

だから私も蓮の病気を公開しました。
同じような状況に陥ったときに
少しでも参考になればと・・・

めいさん、暖かい言葉をありがとうございます。
あの日、蓮が倒れたときは怖くて
途方にくれ、泣いてしまったけど
日に日に元気を取り戻す蓮をみて
泣いていられないと思いました。

まだまだ慣れなくて、私がプチパニックを起したり
心配しすぎてしまうこともあるけれど
daisukeさんが言ったように犬は前向きに
生きてるんですよね。
ピレは頭がいいからこっちの感情もすぐに
読み取ってしまうから、蓮が、ソラが
毎日ご飯がおいしくって楽しくって
快適だ~って思えるよう頑張ります!!
ぼんちゃんも暑くなってくるから
大変だろうけど、お互い大きなわが子のために
頑張りましょうね!!
コメントありがとうございます。

管理者のみに表示
トラックバック
管理人の承認後に表示されます
« ここ数日 | HOME | 検査結果 »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。