スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

余命宣告・・・そして

2012/06/06 Wed 22:20

昨日、パパと電話で蓮の今後をどうするかを話しました。

そして、蓮の苦しさを少しでも緩和できるなら
心膜を切除しようと・・・

そして翌日腫瘍科の先生に連絡をし、詳しく手術の内容を
聞きに伺いました。


先生は夕方時間を取ってくれて、私の疑問に真摯に答えてくれました。
まず、心膜切除をするのにどれくらい胸を切るのか・・・

やはり背中から胸にかけてかなり切るそうです。
そしてあくまでも根治治療ではなく、心不全を未然に防ぐこと
そして、出来れば胸を開いた際に主要の一部をとり、検査に出し確定診断をすること
この2つが目的となるということを。

もちろん、心臓に出来ているので非常にデリケートな部分なので
状態によっては腫瘍を一部とることも出来ないかもしれないとのことでした。

ここで、私はずっと胸に思っていたことを先生に聞くことにしました。

とても怖くて聞けなかったこと・・・
そう、蓮の余命です。


でも手術するにはきちんと聞いておかないと。
そして先生に、蓮はどれくらい生きられるのでしょうかと聞きました。

余命1~2ヶ月です。


ああ・・・・・

言葉に詰まりました。
覚悟はしていましたが、まさかここまで早いなんて・・・

先生は心膜切除をしてもこの寿命が延びるわけではないと言われました。
最初に言ったとおり、心不全の回避と確定診断ができるかも知れないということ。

私は手術をお願いにきましたが、そんなに短い命なのに
その時間を治ることのない手術をして痛い思いをさせるなんてできない・・・

先生に再度考える時間をくださいとお願いしました。

先生はもちろん良く考えてくださいといってくださいました。

そして色んな方法を話してくれました。

心膜切除をしないで、心のう水を定期的に見て抜く方法。
特に蓮の場合は9割血管肉腫と思われるが、確定診断が出ていないため
経過観察をしていくのもひとつの方法だと。

今のところ血管肉腫になって転移する臓器
脾臓、肝臓、肺、このすべてに腫瘍が見られないこと。

前回抜いた心のう水(血液)の細胞検査の結果が出ていないこと。
この細胞検査でがん細胞が見つかれば、そこでまたどうするか
考えてもいいのではないかと。

もし、この細胞検査で見つからなければ、定期的に心のう水を抜き
そのたびに細胞検査をし癌細胞がないか見ていく方法。

とにかく症例が少なく、治療法がないというのが本当に辛いですといわれました。
アメリカなどはこういった場合、治療法がなくて今後苦しむのであらば
安楽死を勧めることが多いということ。
だから余計に症例が少ないのでは・・・と言われました。

私は気持ちはぐちゃぐちゃなのに、頭の中はかなり冷静でした。
そう、短い時間しかないのであれば蓮の好きな楽しいことだけをしよう。
この子が楽しく穏やかに過ごせるように・・・
その為には手術はしない。

手術はしない・・・これが私の答えでした。

心膜を開いても、開かなくても、腫瘍が一気に破裂し大量の出血とならば
もうそれは助からないと言われました。

それなら、痛くて嫌いな入院をして手術なんてしなくて
私が日々蓮の状態を看て行こうと思いました。

余命1~2ヶ月・・・来月は蓮の誕生日です。
私は今も覚悟をしながら願ってます。
1%の奇跡にかけたい。血管肉腫でないことを・・・

先生が言ったのは血管肉腫だった場合の余命です。
1日でも1ヶ月でも半年でも長く生きてほしい。


先生は今後も相談にのるし、わからないことがあれば
いつでも聞きに来てくださいと、僕もピレを飼っていました。
僕が同じ立場でも簡単に結論は出せないと思いますと・・・
それほど難しい判断を下さなければならない病なんだと・・・

ちゃんと笑って帰ってくださいね。辛いけど犬はすぐに感じ取りますからねと・・・

帰りにソラ蓮の好きなおやつをかって、元気に帰りました。
玄関から喜んで走ってソラ蓮お出迎えしてくれました。

笑ってた。お散歩も行った。ご飯も、おやつも食べた。
なのに・・・

私の手術をしない考えをパパに話さないと・・・
明日も元気におはようが言えるよね。
未分類 | コメント(9) | トラックバック(1)
コメント
翻弄しているママを見ていられない。
お家では涙が出せないし・・・かわいそう。
でもさ、沢山沢山の楽しいお出かけやいつも一緒の
家族ですよ・・・うらやましいくらいですよ。
そうそう中身の濃い家族。 残念な病気ですが、奇跡を信じたいです。1日でもママと一緒にいれたらいいね。 おいしい物を作って食べましょうか。
ママ、強くなってね。 笑顔が1番よ。
私も泣けて、泣けて・・・笑顔なんて言っておきながら・・ごめん。 

ああ。。。余命はそんなに。。。

私たちも、同じ決断をすると思います。
手術はしない。
蓮たんの好きなことだけ、楽しいことだけ、嬉しいことだけに時間を費やしてあげる!
大好きな家族といつでも一緒にいられる場所=お家で、穏やかに過ごせるのが一番良い、って。。。きっと蓮たんもそう思ってるよ。
もちろん、蓮たんは余命なんか知らない。
そんな概念はない。
こんな重篤な病なんか全く関係なく、素の状態で、いつだって真っ正直にそう願ってる。
そう思わない?
だから。。。笑顔で過ごせることを最重要課題で!

ソラ君ママさん、辛い状況書いてくれてありがとう。
おかげで寄り添えるよ。
それしか出来なくてごめんね。
でも、心から想ってるよ。
蓮たん、そしてソラ君もママもパパも、笑顔で生きよう。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
ノア子さんへ
ノア子さん、今日も蓮はいつもの蓮ですよ。
ちょっと呼吸が荒いか?!と思うときもあるけれど
至っていつもの蓮です。

そして奈良に戻ってきました。
今後の蓮との生活の拠点をどうするのかを
話し合うために・・・

私は大丈夫です。
まだ大丈夫です。
蓮もソラも笑ってくれるから!!
辛い内容に一緒に心を痛めてくださり
ありがとうございます。
ノア子さんの気持ちありがたく思います。
めいさんへ
めいさん、やはり切らない選択をしました。
短い時間のなか、蓮が辛いこと嫌なことは
出来る限り回避したいので・・・

予想を超える余命宣告でしたが
私はあきらめていません。
蓮の生きる力を信じています。
そしてみんなが心配して、応援してくれる力を
信じています。

私のテンションが上がればソラも蓮も
ウキウキして笑っています。
だからまだ頑張れます。

だって今日もおはようが言えて
いつもの蓮だったから!

辛い内容に暖かい言葉と気持ち
ありがとうございます。
1人で看ている時間が多いので
話したくなったらお電話するかも・・・(苦笑)
突然の
連絡に驚きました。皆、元気でいるものとばかり
思っていました。連絡を受けてしばらくは、心配していましたが連絡出来ませんでした。
なんで、この子だけがとか、何が何だか?訳が分からず落ち込んでしまったのではないでしょうか。
でも出来ることがあるのならなんでもしてあげたい。と思ったり。本犬に悟られないようにとか、悩んだり、不安になったりしていることだと思います。でも連ママは、強いですね。
元気な連君の様子を見て、何かの間違いであって
ほしいと願っています。早く会いたいです。
会えるのを楽しみにしています。連君、ママ頑張ってね。
アン姫さんへ
アン姫さん、ご無沙汰しております。
まさか蓮がこんなことになるなんて考えてもいませんでした。

本当になぜ、この子が。。。と何度思ったことか・・
このところ調子がよく病気なのを忘れそうなくらいだったのに
昨夜再び心タンポナーデを起こしました。

一命は取り留めたものの状況はあまりよくなく
お会いできるかどうかも難しくなってきました。
できれば、元気な蓮を親・兄弟姉妹に合わせたいと
思っているのですが・・・

アンちゃんは元気かな・・・
ご心配・お心遣いありがとうございます。
御返事有難うございました。
大変な時なのにごめんなさい。アンは、お薬が、利き出して今は、心配が少し和らいでいます。でも何時もと様子が違ったり、息遣いが荒かったりすると心配でしかたありません。何日も熟睡出来なかった
日々が続きました。発作(苦しみを)見たくないという思いで一杯でした。今、連ママは、その状態が続いていると思います。お体に気をつけて連君を見守ってあげて下さいね。奇跡が起こってほしいですね。祈っています。
アン姫さんへ
アン姫さん、アンちゃん、落ち着いてるんですね。
良かった・・・
蓮の事、ご実家、親・兄弟姉妹、お友達
皆が心配、応援してくれています。

ありがとうございます。
確かに眠れない日、心配な日々が続いていますが
心タンポを起こしても、生きることをあきらめない
蓮に私が弱音を吐いてはいられません。

もう奇跡を起こしてくれるしか道はないかもしれないですが
諦めず最後まで蓮と頑張ります!

管理者のみに表示
トラックバック
管理人の承認後に表示されます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。