スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

退院後のケア

2012/06/22 Fri 23:59

蓮さん、お家に帰ってきたその日はさすがに殆ど寝ていました。
やっぱり病院では熟睡はできないですよね・・・きっと

先生に大丈夫ですといわれても、いざ退院してくると
とっても心配で、何だか不安(汗)

もう心タンポは起きないとわかっていても、息遣いやお口の色味は気になる。

実際退院する際も、口の中が白い気がしたので先生に尋ねました。

手術前に1リットルも出血する心タンポを起しているし
手術でも出血はありましたから、当然貧血状態です!
今回輸血もしてませんからね。
でも、HTCの数値があがってきているから心配ないですよ。

と言われました。
そうなんだ・・・それでも大手術のあとの蓮さんをみる私は心配でならない。

お家に帰って、殆どソファーで寝ていた蓮さん。
左の背中から胸にかけ40センチ近く切っているので本当に痛々しい(涙)
それだけの傷があるので、どうしても右側を下にして寝て、そのままの状態が
何時間も続く。

初日の夜は2時間おきに蓮さんの体をずらし、下側になっている
肩から前足、腿の付け根から左足をマッサージし、うっ血しないようにしました。
それでも起きるときは足がしびれていること、3日間食べてないので
体力も落ちているのでソファーから降りるときはふらついていました。

心配した初日の夜ご飯。(画像は後ほど)
生鮭、ブロッコリー、しめじ、麦ご飯を一緒に炒めチャーハン状にして
器に移しとろけるチーズをかけドリア風にしたものを混ぜてあげました。
(この際、とろけるチーズの塩分は気にしません。食べてくれることが重要なので)

3日間食べていないので量はいつもの半分で様子見。
どうかな・・・・

食べてくれました。

よかった~まずは食べてくれないと体力回復にならないし
涙が出そうなくらいうれしたった!!
もちろん完食!!

ご飯を食べてお水も飲んで、ちっこも出たらその後は爆睡。

夜中、何度も体の位置をずらし起きなくちゃいけなかったけど
安心した蓮の顔をみながらだったので、眠くても苦になりませんでした。

翌朝、蓮さん

2012062211080000.jpg
おはようでしゅ~

とお座りであいさつしてくれました

少しずつ回復してるんだね。
うれしいな~

その笑顔でママは頑張れますよ!

ちょっと傷があるので、右側を下にばかりするので
何か対策を考えなくではと思っています。
未分類 | コメント(4) | トラックバック(1)
コメント
よかった~~
蓮君 ママさんの愛情という薬で元気なっていってるようなので安心しました

我が家のめろんちゃんが病床の時 低反発のマットレスを使っていました  獣医さんも今は進めているようですよ。

蓮君の笑顔 良いですね~~~!!
蓮たんの穏やかで嬉しそうな「おはよう」の笑顔がすべてを物語ってるね。蓮たんは自分の運命を、ママに託した自分の命を、しっかり大切に前向きに生き抜こうとしてるね!
ママが守ってくれてるのをちゃんと感じてる。信じてる。
絆だねぇ。。。
この笑顔のために、私たちはまた今日も頑張れるんだよね!o(^▽^)o
浩ちゃんさんへ
浩ちゃんさん、少しずつですが
体力も回復し始めていて、自分で
ソファーから降りられるようにもなってきました。

そうそう、私も低反発マットってどうなのかな~と
思っていたので、物色してこようと思います。

あと人用の敷きパットで夏になると
クール感を感じられるものあるんで
色々と物色してこようと思います。
ペット用だと大型犬は高いですからね・・・(汗)
めいさんへ
めいさん、その時その時で迷いながらの決断、
そして蓮にはその度に辛いことを頑張って
もらっていました。

私がくじけそうになると、蓮に強さをもらい
頑張ってきました。

いつも私の要求に応えてくれる蓮。
そして笑ってくれる蓮。
これからは私がいっぱいサポートして
頑張らないとね!

そうそう、暑くなってきましたが
ぼんちゃんは辛そうじゃないですか?
ピレにとっては厳しい季節になってきましたよね。
シニアのぼんちゃん、無事夏を健康に過ごせるよう
願ってます。

管理者のみに表示
トラックバック
管理人の承認後に表示されます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。