スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

大好き蓮

2012/09/03 Mon 12:33

115日、頑張り闘いぬいた愛しい愛しい蓮が旅立ちました。

蓮との最後の約束を果たすため、強く頑張って生きていこうと思っていますが
まだまだ悲しみは癒えることなくついつい涙してしまう日々を過ごしています。


蓮が旅立つ前日、私が勤めていた会社のお友達がお見舞いに来てくれました。
それがうれしかったのか、最近ではけして立ってご飯を食べることが無かった蓮が
自ら立ち上がり、私の用意したご飯を自分で完食しました。
それどころかキッチンにまで歩いてきて、お代わり要求するぐらいでした。

驚きとうれしさで、もしかして少し放射線が効いてきたのかも・・・と思う反面
心の中で、よく旅立つ前にワンは一度とても元気な姿を見せてから
旅立つと聞いた事があったので、不安で仕方ありませんでした。

その日は珍しく一度寝た位置から殆ど移動することなく眠り
やっぱり少し安定してきたのかな・・・と思っていました。
それでも不安で、ダウンライトはつけたままほぼ眠らず
蓮の様子を見ていました。

朝方4時過ぎ、激しい咳が出始めました。
急いで止血剤を飲ませました。

一旦は落ち着いたかに見えましたが、今回は寝ていても口の色が戻らず
出血が止まってないことをあらわしました。

それでもふらふらと自分でチッコをすると庭にでて用を済ませました。
後はもう布団に伏せていました。

7時過ぎ、嫌な予感は消えず、いつもならパパにはメールで伝えるんだけど
電話をせずにはいられませんでした。
出勤途中のため、電話にでられず、リリママさんに電話をしました。
「蓮、もうダメかもしれない」と・・・

9時過ぎ、もう蓮の苦しさは見るに耐えませんでした。
それでも蓮は諦めず、何とかしようと場所をソファーに変えてみたり
私にしがみつき、まだ諦めたくないと訴えてきました。

私も蓮と離れたくは無く、今回も絶対戻ってくると信じ
一生懸命大丈夫だからと声をかけ、胸をなで続けました。

しかし、苦しさは増すばかりで・・・
もう蓮を苦しめてはいけないと・・・
「もう逝きなさい。大丈夫だから」
そう言ってもまだ諦めてくれません。
何がそんなに蓮をココにつなぎとめておくのか・・・

そうだ、蓮が逝ってしまった後私がダメになることを心配しているのかも!
そう思い
「蓮、ママは約束するから、蓮が逝ってしまっても、最初は悲しくて泣いちゃうけど
 絶対強く生きていくから。そして必ずまた蓮に会いに行くから。大丈夫。」
そういうと、ふらふらとソファーから降り、クレートに向かおうとするが
もういいからと蓮を抱きとめた瞬間。

激しい呼吸が穏やかになり、私の腕の中で力を抜いた蓮。
鼓動が少しずつゆっくりになって行きました。

ほんの数分ゆっくり呼吸をし鼓動が静かに止まりました。

最後は穏やかな呼吸で私の腕の中で旅立ちました。
涙が止まらず抱きしめた蓮を離すことが出来ず暫くそこにいました。

蓮をその場に横たえると、ソラが傍に来ました。
2012083109490000.jpg
その姿を残しておきたくて泣きながら写メをとりました。
きっと最後のお話をしてるんでしょうね。


ソラのお話が済んだのを見計らい、蓮を綺麗に清めてあげ、ゆっくり寝かせてあげました。
清めるといっても、口から何も吐かず、お尻からも何も出さずとても綺麗な姿でした。

ブラッシングして、ママのアロマで作ったローションで綺麗に拭いてあげました。

120901_111050.jpg

寝ているような、呼んだら、何?って起きそうなとても綺麗なお顔でした。

夕方にはパパも奈良から戻りました。
パパは 何だ・・・待っててくれなかったのか・・・・って言ったけど
きっと最後の苦しむ姿はパパには耐えられないと蓮は思っていたんでしょう。
だから、穏やかな顔を見てもらい最後のお別れが出来るよう蓮なりに考えたんだと思います。

多分月曜日の輸血の段階で限界だったんだけど
月曜に旅立っちゃったら、パパは最後のお別れも出来ないと思い
頑張って一週間生きたんだと思います。

夜にはリリ家、北斗家が来てくださいました。
遠いところ本当にありがとうございました。

翌日、いよいよ蓮とのお別れです。
2時間ほどで蓮は小さくなって帰ってきました。

2012090308100000.jpg

この115日本当によく頑張りました。
最後まで諦めず、ママが弱気になるたびに大丈夫と復活してくれた蓮。
でもきっとママの体力・精神力の限界をわかっていたんでしょう・・・
いい子だね。
甘ったれと思っていたのに、いつの間にかとっても強くてやさしい子になってたね。

蓮の存在はあまりに大きく、パパもママも深い深い悲しみの中に居ます。
病気がわかってからは覚悟はしていたものの、受け入れることがとてもできなくて
心と目の奥が痛いです。
ソラも元気がなくとても心配です。

それでも最後に交わした蓮との約束があります。
強く頑張って生きていくと・・・
この約束は必ず果たします。
その言葉に安心して旅立ったのだから。

ただ、もう少し時間がかかるかもしれないです・・・

最後に、蓮を我が家に託して下さったリリパパさん、リリママさん、ありがとうございました。
私に辛い思いをさせてしまって・・・とおっしゃいましたが
色んな事をすべてわかって蓮はこのソラママの家ならきっと大丈夫と思って来たんだと思います。
年齢を考えるととても辛いけど、太く短い犬生だったけど
我が家は沢山の笑顔と喜びと幸せをいただきました。
本当にありがとうございました。

そして、いつも応援してくださった皆様。
お花・弔電をいただいた皆様。
本当にありがとうございました。
皆様の励ましと応援が無ければもっともっと心が折れていたと思います。
お一人お一人に直接お礼がいえなくてすみません。

蓮は沢山の方に愛され応援してもらい幸せでした。

蓮という大きな存在を失った穴を埋めるのに少し時間がかかると思います。
それでも必ず蓮との約束どおり復活しますので、またソラとの生活も
応援してください。

ありがとうございました。
未分類 | コメント(6) | トラックバック(0)
コメント
蓮君よくがんばったね。
いつも毎日の闘いを応援し、そして祈りながら
読ませていただいてました。

最後はママの腕の中で旅立ったんですね。
頑張りを見てきたからこそきっと長く生きてくれると思っていた分私もショックでした。

でも蓮君は幸せだったと思うし、みんなに
勇気をくれたと思います。
まだまだ悲しみはいえることは無いと思いますが
ママさんも体を大切にしてゆっくり休んでください。

蓮君ありがとう。
心からご冥福をお祈りします。
TOMOさんへ
TOMOさん、蓮への冥福を祈ってくださり
ありがとうございます。

また、コメントもしずらいとは思うのに
暖かいお言葉ありがとうございます。

今日はもう初七日なんですよね・・・
私も改めて蓮の頑張りに拍手を送りたい
と共に、皆さんの応援と祈りに感謝する日々です。
 毎日蓮ちゃんの様子とブログのアップを気にしており
ましたが、私事で8月の終わりから数日間ネット環境の
ないとことろにおりまして、蓮ちゃんが旅立たれたこと、
昨日知りました。
 ソラママさんのブログを読みながら、情景が手にとる
様に浮かんで、悲しくて、切なくて、気の済むまで泣き
ました。
ソラママさんと蓮ちゃんは本当に通じ合っているのです
ね。
ワンコは人間の様に計算がなくて、自分が苦しくても
痛くても、まっすぐで、純真で、心うたれます。
直接蓮ちゃんに会うことは叶わなかったけど、蓮ちゃん
には本当に沢山癒されました。
蓮ちゃんありがとう。
ソラママさんがブログを続けて下さったからこその幸せ
でした。
ありがとうございます。
蓮ちゃんのこと忘れません。
いつかどこかで会いたいです。
 ソラママさん、本当に本当におつかれさまでした。
ソラママさんの深い深い愛情も気持ちも蓮ちゃんは
ちゃんとわかっていると思います。
無理なさらず、ゆっくり元気になって下さい。
ママ・・・良くがんばったね。
また、あの日が甦ってくる・・・思い出の蓮さんの笑顔は宝物ですね。 ママが元気になれますように
願ってます。 大好き蓮さんです。
ソラさんとのお話し・・まってるよ~~。





ぱんさんへ
ぱんさん、ずっと応援してくださり
ありがとうございました。
蓮は立派に4か月近く闘い生き抜きました。
ブログを書くことも、私の気持ちの整理と何かの役に立てればとの思いで書いていた反面
同じように病気になってしまった我が子と重ね
さらに辛い思いをさせてしまっているのではとの
思いもありました。
でもこうして、暖かいお言葉をかけていただき
本当に私もうれしく、ありがたく思います。

ぽっかり空いてしまった穴は想像以上に大きく
埋めるのにはもう少し時間がかかりそうです。
いつかお会いできる日がくると良いですね。
本当に応援ありがとうございました。
ノア子さんへ
ノア子さん、蓮のキラキラした笑顔は
本当に宝物です。
もう一度逢いたい、そして笑ってほしいと
願ってしまいます。

ソラも相変わらず元気がなくてとても心配しています。
焦るつもりはありませんが、少しずつ
ソラと一緒に元気になっていけたらと思っています。

管理者のみに表示
« 心の整理 | HOME | 報告 »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。