スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

よく考えてほしいよ・・・

2013/04/11 Thu 19:04

今日はまた寒の戻りのような寒さですね・・・

さて、チッコ漏れがあるソラさん。
朝お散歩に行っても昼ごろにはチッコのためにお外に連れ出します。
ええ、もちろん凪っぺも付いてきます。

本日も外に連れ出し用を足してさあ部屋へ戻ろうとすると
目先のほうから「こんにちわ~~~~!こんにちわ~~~!」と
2,3歳児の女の子2人が走ってくる(-_-;)

流石に超大型犬2熊連れてるし、後ろには母親らしき人が2人いるから
近づかないよう注意するかと思いきや・・・(*´-ω・)ン?
何だか放置してるっぽい・・・

ソラさんは大丈夫だけど、まだまだ色んなことに興味がある凪っぺが
大人しくできるわけがない。
大きさからすると凪っぺより小さくてしかも走ってる。
そりゃ~凪っぺには楽しそうな遊び相手?!おもちゃに見えたことでしょう( ̄_ ̄||)
で、チッコだけに連れ出したからジェントルもつけてない(>ω<ノ)ノ

左手に凪っぺ、右手にソラさん。
これはマズイ・・・
利き手にに凪っぺを持たないとマズイ・・・
凪っぺにマテのコマンドとスワレのコマンドを言い渡す。
ええ、もちろんそれはできます。
が、相手のちびっ子、お構いなしに走ってくる。
リードを持ちかえようとした瞬間、パンッ!!!ママの手を弾き飛ばし
手から離れチビッ子に向かう凪っぺ( ̄_ ̄||)
咬んだりすることはないが、勢い余ってチビッ子にぶつかり
チビッ子転ぶ・・・
それほど強い当たりではなかったので、怪我はなく、女の子も泣くこともなかった。

怪我をしたのは・・・・リードを弾き飛ばされたママの左手中指と薬指(T_T)
痛~~~~~~い!!

やっと母親が来るがチビッ子のハシャイデ走り回ることを止めさせないから
凪っぺワフワフ(´-ω-`)
痛い手と右手を使い制御する。

こっちは悪くないと思いながらもいちよう
「大丈夫ですか?咬んだりすることはないけど、ぶつかると怪我につながるから・・・ごめんね」
と大人の対応するが内心はムカムカ( ̄‐ ̄#)

どうやら母親の一人はピレを知っているようで
「私も飼いたいのよね~。まあさすがにドーベルマンに飛びつかれたときは怖かったけど
 名犬ジョリーの犬ならね~昔から欲しいとおもってたんよ。」

はぁ・・・
それにしちゃ~ソラさんや凪っぺを触ろうとするも
恐々だし。
私が凪っぺはまだ10ケ月なので遊びたくてワフワフしちゃうから・・・って話すと

「Σ(・ω・ノ)ノえっ!これで10ケ月・・・こっちの仔より大きくない?」

ええ、凪っぺ当にソラさんの体高超えてます。
これで大人の毛が生えてたらそりゃ~立派なピレさんですよ。

ママは内心思ったよ。
この人、見た目だけで欲しいと思ってる人だって!!
だいたい、大型犬を飼いたいと思うなら・・・というか
犬を理解し、飼おうと思ってる人なら
普通、小さな子供を大型犬には近づけないだろう。
だって、どういう性格のワンコかもわからないし、下手すりゃ咬まれて
大怪我になりかねない。

それにピレを飼いたいと思ってるなら
ヤッパリ優雅な姿と大きさに普通はあこがれると思う。
それを10ケ月の凪をみて引いてるようじゃね・・・

結局最後までママの手の怪我に気づくことなく
子供が突然走ってきてワンコに近づこうとしたことに対して
すみませんの一言もなく、じゃあお散歩の邪魔になるから帰りましょ~と去って行った(´-ω-`)マジ

(*´-д-)フゥ-3
うちのワンコはまず人を咬んだり攻撃したりすることはありません。
でも、ホントよく考えてほしいです。
超大型犬というのは力もあるし体も大きいんだから
大人でもぶつかられたら転んだりして怪我をする可能性があります。
それがまして2,3才児の子供ならなおさら!

まあ私にも2熊一緒に連れていて完璧にコントロールできていないという点は
反省しなくてはなりませんが・・

それにしても・・・指が痛い(T_T)
青く腫れてるけど・・・多分骨折はしてないと思うけど
間接が痛くて曲がらない(T_T)
明日はお供付きでママの病院だろうか・・・

2013.04.11 007-1


実はソラさん4月1日夜間救急へ行きました。
発熱と食欲不振・・・
そしてずっと抱えていた貧血の数値が悪くなりました。
そしてどこで起こっているかわかりませんが
炎症を表すCRPがかなり高くなっていました。

バベシア症(関西は特にマダニが多いようです)
免疫介在性溶血性貧血
共に検査しましたが陰性。
エコー検査するが、内臓からの出血は見られない。

ただ、バベシアは慢性化していると免疫が落ちたときに
発症する可能性もあるらしいのですが、遺伝子レベルの検査まで
しているのでまず違うと思いますとの事(毎月フロントラインもしっかりやってますしね)

炎症・発熱は治まり食欲も戻りましたが
HCTの数値がまだ悪いなりに安定していた数値まで戻っていません。

今後は主治医と相談しながらどの検査を受けさせていくかを
決めなければいけません。

最終的には全身麻酔をし、骨髄まで・・・とも考えてはいますが・・・
とりあえず今すぐ命に直結する病気ではなさそうで(まあ断定はできませんが)
良かったです。

一時はまた昨年のような辛い春夏を過ごすのかと脅え
ソラさんを失うかもという恐怖が襲ってきて
とても怖かったです。

凪っぺの悪戯に随分癒されたママでした。
未分類 | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
No title
大型犬あるあるですね~

うちは先日小型犬オーナーさんに
「怖い~~~~!!!」と言われてしまいました
抱っこされてる小型犬は歯茎もキバもむき出しで
吠え狂ってるのに・・・どっちが怖いねん!と・・・

指、お大事に。

ソラさん心配ですね。。。
No title
とんだ災難でしたねえ~・・・ママの方が怪我をしちゃってるにさあ~今どきの親は、まったく話にならん!
なんだかんだでも、最終的には飼い主が悪くなるケースなのよね~・・・とにかく、わんぱく坊主には、楽しそうな相手がいるだけなのよ・・様子が見えちゃいますよ~・・遊ぼ~コールを受け止めたんですね。
ママの怪我と、ソラさんの体調が良くなりますように・・・。凪っぺの天下爛漫は貴重ですよ~~、あまりシメないでね(婆からのお願い)
SHINさんへ
SHINさん、大型犬・・・あるあるですよね(T_T)
特にピレニーズは顔がやさしく見える事もあり
大きくても平気でいきなり触ろうとしたり
酷い時は乗ろうとする人までいます(T_T)

そうそう、小型犬連れた方には
食べられるぞ~とかも言われるけど
そんな食あたりしそうなもん食べへんわーー!!と
叫びたくなります( ̄‐ ̄#)

大型犬はこっちが正しくてもぐっとこらえなくちゃ
イケナイ事多いですよね・・・

ソラさんは今のところ普通に生活してます!
早く原因を突き止めないと!!と思ってます。
ご心配ありがとうございます。
ノア子さんへ
ノア子さん、またしても災難に巻き込まれました(T_T)
親が親だから子も子なんでしょうね・・・
こういう親に限って、もし相手に怪我をさせていたら
烈火のごとく怒りまくるんでしょうね~
自分の子供が原因だったとしても( ̄_ ̄||)

一番関わりたくないタイプですね。

でも、凪っぺのワフワフも制御できるよ
日々教育していきますよ~♪

指はですね・・・痛くて間接曲がりませーーー(ノД`)シクシク
まあ日にち薬ですかね・・・

ソラさん。。。とりあえず今日明日命に
関わることではなくホッとしました。
でも原因がわからない分、またいつ体調を
崩すかわからないので油断はできませんが・・・

凪っぺ、悪戯全開ですが凪っぺが悪戯できる状態に
ある我が家がイケナイと自分に言い聞かせ
ソラさんを教育したときよりは
感情的に叱ることはしないようにしてるので
全く反省せずすぐに忘れて凪っぺ笑っております(;^ω^)

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。